HOME > 中学校 > 学校生活 行事別レポート&フォトギャラリー 4月~5月

学校生活

行事別レポート&フォトギャラリー(2015年4月~2015年5月)

2016年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月
2015年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月
2014年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月

2015.05.28

花まつり

5月28日に花まつりが行われました。花まつりとは、お釈迦様の誕生を祝う行事です。この日の為に、生徒や教職員が持ち寄った色とりどりの花が体育館に飾られました。

本日の法話では、北海道大谷室蘭高等学校の斎藤武治先生よりお話をしていただきました。私たちは自分の思い通りに行くことを求めている存在であり、このような自分の弱さを認めていく必要があること。また、思い通りにいかないことから学ぶことも必要であり、都合の悪いことをも大切にできる人間になれるように生きていくことが大切だと学びました。

生徒の感話では、中学生の佐古唯奈さんが以下のような話をしてくれました。

『私の夢は、全国優勝することです。バレーボールのために田舎から遠い札幌に来ました。何より地元の人の期待は大きいです。今年は最後の大会となります。本気で勝ちに行き、応援してくださっている方々に少しでも良い報告をしたいです。そのためには1日1日の練習を無駄にせず、全力でやり抜くことが大切だと私は思います。

このことは、将来の夢でも同じです。私は看護師になることが夢です。収入も安定していて、何よりも家族が喜ぶからです。そのためには、毎日毎日全力で勉強しなければなれません。看護師には私の苦手な理数系の力が求められます。苦手だからと言って逃げていたら、私の夢は叶えることができません。誰だって苦手な教科や嫌いな教科はあるはずです。また、勉強が嫌いな人も好きな人もいます。それは別に悪いことではありません。1番悪いのは、やる前からできないと決めつけ、やらないことです。私自身、そうなっている気がします。ただ先の事だけを考えて、目の前の大事なことを見落としてしまっています。

よく「結果が全てじゃない」と言う言葉を聞きますが、その通りだと思います。そこに行くまでに自分は全力を尽くせたかが1番大切だと考えます。今の自分は、部活からかえって疲れているのを理由に、寝てしまうこともあります。「疲れていて眠い、それでもがんばる」と言うことが大切だと思います。自分の甘えた考えを押し殺し、自分のためにもうひと踏ん張りできる人になりたいです。見えない所での努力こそが自分の力になるということを信じて大きな夢に向かって努力していきたいです。

最後にもう一つ、自分が思い描く未来があります。それは、看護師になって地元に戻り小さいころにお世話になった人たちを助けることです。そしてまた家族5人で住みたいです。これは叶わないことかもしれませんが、大好きな家族のため、自分のために今できることを精一杯やりたいです。
そして、頑張れる環境にいられることに感謝して、勉強も部活も頑張ります。』

ページトップに戻る