HOME > 中学校 > 学校生活 行事別レポート&フォトギャラリー 10月~11月

学校生活

行事別レポート&フォトギャラリー(2015年10月~2015年11月)

2016年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月
2015年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月
2014年 4~5月 | 6~7月 | 8~9月 | 10~11月 | 12~1月 | 2~3月

2015.10.7

3年生・小樽職場訪問

10月7日(水)、雲一つない晴天の中、3年生が小樽にて職場訪問をしました。

今年は17の企業・官公庁・病院などにご協力いただきました。各クラス6人前後の班に分かれ、それぞれ事前に連絡した質問事項を中心に、お話を伺いました。

それぞれの班は、仕事に向き合う姿勢や厳しい現実、お客様をいかにもてなす際に意識していることなどに加え、小樽という街に対する愛情をいかに深く持っているかということを学んだ一日となりました。

ページトップに戻る

2015.10.15

芸術鑑賞

10月15日(木)、北海道四季劇場で劇団四季による「キャッツ」を鑑賞しました。休憩時間にステージに上がることができたり、キャストの方と握手ができたりと、生徒たちは大変感動していました。劇団四季のみなさん、ありがとうございました。

芸術鑑賞 3年生の生徒の感想

私は音楽コースで声楽を専攻しています。なので、今回CATSを見て、沢山のことを思いました。

まず、演者の「お客さんを楽しませたい」という気持ちがとても伝わってきました。例えば、ラム・タム・タガーの歌の場面で、女性客をステージに連れ出していたり、客席に猫達が降りてきて歌ったり、お客さんの手を握ったり。演者さんは勿論、舞台には出ていない、あのような演出を考えた演出家さんから「お客さんを楽しませたい」という思いがとても伝わってきました。「作品を完成させる」という気持ちの他に、「お客さんを楽しませたい」という気持ちでも、心が1つになっていたと感じます。

次に、歌についてです。席に歌を歌いながら降りてくる場面があったのですが、舞台にいる時とほとんど変わらない声量、発声で、あんなに動いていたのに音程や声に乱れがなく、すごいと思いました。このことを知ってから舞台を見ると、改めて演者さんの努力を感じました。他にも、主に女性の演者さんで思ったことがあります。合唱をしたりしている時、女性の演者さんの一部が高い音で歌っていました。自分が出せない位の音の高さで、すごいとも、うらやましいとも思いました。

最後に思ったのは、「団結力」です。演者さんやその他の人との団結力を感じました。最初のジェニエニドッツのタップ・ダンス、グロールタイガーに海賊団が襲いかかるシーンなど、見事に動きが揃っていて、団結力を感じました。他にも、揃っていないとキレイに見えない様なシーンが沢山ありましたが、どれも動きが揃っていました。動きの他に、序盤、猫達がステージに降りてきてお客さんたちに猫について説明する場面で、説明をする台詞があり、話し方や話すスピードが同じになっていたりもしていました。

事前学習として外国語の「キャッツ」を授業内で見たのですが、どちらも良いと思いました。また、外国語は様々な方のインタビュー、舞台裏を見ることもできました。それを見ると、舞台を完成することの大変さを知ることができました。日本版でも同じ様な苦労をしたのだと考えると、自分よりも何百倍も努力していてすごいと思いました。また見に行くことがあれば、また別の視点でも舞台を見たいです。

ページトップに戻る

2015.10.23

別院報恩講

10月23日(金)に真宗大谷派札幌別院で別院報恩講が行われました。昨年度と同様に天候にも恵まれ、集合時間の30分前からボランティアで落ち葉集めの境内清掃をする生徒が数多く見られました。その後、本堂でお話をお聞きしました。

以下の文章は3年生の下元蓮大くんの感話です。

今回で3年生は3回目の別院報恩講となりました。報恩講は宗祖親鸞聖人の御命日法要のことで、自分たちが日頃の感謝についても考える日です。この感話をする話をいただいたので「感謝」というものを改めて考えるいい機会となりました。自分が今回考えた感謝についてこれから話します。

10月18日、フィリピンに上陸した台風24号の影響で、6万人以上が避難をし、少なくとも死者36人というニュースを見ました。フィリピンは今年だけではなく毎年大型台風が多くの死者・被害者を出しています。この台風24号は速度が遅く、農村部を襲っている大雨の影響で膝の高さまで冠水しました。そのため食料もまともに確保できていない状況となっていました。

この台風の影響で倒れてきた木の下敷きになり亡くなった子がいました。その子は自分たちと同じ年齢の14歳でした。その子もまだまだやりたいことや、たくさんの夢などあったと思います。やりたいことをいつでもできるという環境は永遠にあるわけではありません。そのありがたみをしっかりと理解していこうと思います。

人は今やらなければいけないことがあったとしても、時間があればつい先延ばしにしてしまいたくなるものです。そして明日は必ずやってくると思い込み、次の日にやればいいという考えになりがちです。自分も時間があると思うとやるべきものがあっても後回しにしてしまいます。フィリピンであった台風も含め、自然災害はいつどのようにして起こるかは誰にも分かりません。そして、自分の身にいつ何が起こるということも誰しもが分からないのです。少し後回しにしただけなのにと後悔はしたくないので、今、ご飯を3食食べられていること、毎日学校へ行けること、自分に帰る場所があることなどは決して当たり前ではないことを忘れてはいけないことだと思いました。

今回「感謝」について考えて、自分が生活できているすばらしい環境に感謝することを日々、忘れず過ごしていこうと思いました。

ページトップに戻る

2015.10.28

学校報恩講

10月28日(水)に学校報恩講が行われました。校長先生をはじめ、2人の先生の講話を聞きました。終了後は、生徒たちは、お世話になった出身小学校へ感謝の気持ちを花束に込めて訪問しました。

※サムネイルをクリックすると拡大します。

ページトップに戻る

2015.11.12〜13

文化祭

11月12日(木)・13日(金)、第6回中学文化祭が開かれました。今回もたくさんの方々に来校していただきました。今年度のテーマは、『ポップコーン』。生徒ひとりひとりが、さまざまな形(アイディア)や味(個性)を発揮し、みんなで元気に一生に一度の文化祭を作り上げるという意味を込めて、このテーマにしました。

1年生は「北海道の仲間」をテーマに、玄関装飾と貼り絵を各学級で作成しました。

2年生は展示発表でした。1組「日本のアニメの歴史」・2組「ジブリの歴史」・3組「コンビニの歴史」・4組「音楽の歴史」というテーマで様々なことを調べ、模造紙にまとめました。また、修学旅行での学びや思い出を各学級で展示しました。

3年生は舞台発表でした。1組「眠りのコナン」・2組「約束の夢」・3組「ワンダーランドでお茶会を」という題で、脚本・演出を学級ごとに考えました。衣装や大道具など、細かい部分まで工夫が凝らしてありました。

各教科の展示発表もありました。国語科から1年生の「詩」、2・3年生の「短歌」。技術・家庭科から、1年生は自分の手の大きさに合わせて作った「My箸」、2年生は裁縫実習で製作した「ふかふかアニマル座布団」と「野菜果物クイズ」、3年生が幼稚園実習の事後学習として作成した「レポート新聞」を展示しました。

その他、音楽コースは各学年で演奏を披露したり、全員で「CATSメドレー」の合唱をしたりしました。美術コースは、有島少年絵画展に出品した作品や、授業で作成した作品を展示しました。

また、「私の一番」をテーマとした生活体験文の発表もあり、充実した内容の文化祭でした。

今年度も保護者の皆さんの協力でPTAバザーは大変盛況でした。数ヶ月の間準備をしていただき、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

受賞クラス
・1年貼り絵
最優秀賞:2組  優秀賞:1,3組
・1年装飾
最優秀賞:1組  優秀賞:3組  優良賞:2組
・2年展示
最優秀賞:1組  優秀賞:2組  優良賞:3,4組
・3年舞台
最優秀賞:2組  優秀賞:1組  優良賞:3組

※サムネイルをクリックすると拡大します。

ページトップに戻る